任意売却業者の選び方【手元に現金を残して再スタートする方法】

任意売却業者の選び方【手元に現金を残して再スタートする方法】

MENU

競売よりも任意売却で手元にお金を残しましょう

競売で自宅を買い叩かれて残った残債を払えずに自己破産するよりも、自宅を売ることによって少しでも残債を減らし、破産することなく銀行と交渉によって返済可能な方法を話し合う。
そして、再スタートを切るためにはできるだけ手元にお金を残しておきたいところです。

 

できることなら自己破産ではなく、自宅を売却した代金の一部を手元に残すことができる方法で清算できるのが理想的な形ということは誰もが思うことです。

 

まずは、自宅の売却がスムーズに進むような専門業者を見つけることが先決です。
業者によっては売却をした後のことなどお構いなしで、売るだけ売って知らんぷりされてしまうようなケースもあります。
また、不動産を販売する能力が劣る業者に相談してしまったばかりに、時間だけが過ぎてしまい、最終的には競売で落札されてしまうというお粗末な結果となることもあります。

 

業者選びは、あなたの人生において非常に重要な選択肢となります。

 

お急ぎの場合は下記のリサーチ結果の良い団体をご覧ください。

 

日本法規情報

 

050-5577-7415

 

この団体は不動産コンサルタントや法律事務所との全国ネットワークを構築しています。
相談窓口から電話することで、どうやって手元にお金を残せるかを親身になって一緒に考えてくれます。
今すぐ相談してみてください。

任意売却業者に求める3つの力

 

それでは、あなたが見つけ出さなければならない専門業者の必要最低限の能力を理由と共に説明していきます。

 

1.企画力

 

自宅を売ることを検討する際には住宅ローンの支払ができない状態と言うことです。

 

家族が居れば、当然ご近所さんにその状況を知られたくはありませんし、何とかして自宅に住み続けたいというのは当然の希望です。

 

こうした要望を叶えられるように最善のストーリーを描く企画力のある業者でなければなりません。

 

企画力と経験・知識の総合的な能力によるものです。

 

一番重要な能力となります。

 

2.コミニケーション能力

 

自宅を売る際には、債権者や親戚などを説得したり交渉する場面が度々あります。

 

せっかくすばらしいストーリーを描いても、それを実行するためのコミニケーション能力がなくては、実現することができません。

 

3.売却力

 

これも住宅ローンが残っている自宅売却を実現するには大変重要な能力です。

 

物件の適正価格を調査して、買い手を見つけてこなければなりません。

 

一般の市場で買い手を見つけるのと合わせて、独自に意売却に興味のある投資家のネットワークを持っている業者が理想です。

 

投資家に購入してもらうことができると、リースバックで自宅に住み続けることが可能になります。

 

信頼できる任意売却業者のリサーチ結果


相談する業者はどうやって選べば良いのでしょうか?

 

専門業者と言っても、国家試験を受けて正式な資格を持った人たちではありません。

 

大切な自宅を清算する、非常に重要な役割を担う業者は慎重に選ぶ必要があります。

 

物件を売って売買手数料さえ手に入れてしまえば、後はどうなっても良いという悪質な業者に依頼してしまうと、あなたの再起に大きな悪影響を与えてしまいますので十分注意してください。

 

信頼できる業者というのは、住宅ローンが残っている物件を売ったことがある不動産屋ではありません。

 

物件を販売する力があるのはもちろんのこと、住宅ローンを清算する際の法律的な専門知識を持って、不動産鑑定の知識も多少持っていなければなりません。
理想を言えば任意売却物件を物色している投資家の顧客を抱えているところの方がスピーディーな売却が可能となります。

 

 

そして、あなたの今の状況で最善の解決策を企画して、そのストーリーを実行するだけのコミニケーション能力を兼ね備えていて、できるだけ早く買い手を見つけることのできる業者でなければなりません。

 

信頼できる任意売却業者のリサーチ結果


 

更新履歴