リースバック│自宅を売って家賃を払って住み続ける方法

リースバック│自宅を売って家賃を払って住み続ける方法

MENU

自宅に住み続けるにはリースバック

任意売却後も自宅に住み続けるにはリースバックを検討しましょう。

 

リースバックの場合、自宅を現金で購入してくれて、売却後も格安の家賃で貸してくれるという善意の第三者がいることが条件とうなります。

 

一般的には、親戚や友人で一旦自宅を購入できる人を探しだす必要があります。

 

最近では、リースバック案件に応じてくれる投資家さんもいるので、そういった投資家のネットワークを保有している業者に問合せをして、見つけられる可能性があります。

 

任意売却相談さぽーと

全国対応

050-7301-9123

 

メール相談


相談窓口から電話することで、どうやって手元にお金を残せるかを親身になって一緒に考えてくれます。
今すぐ相談してみてください。

 

投資家がリースバック案件に乗ってくれるには、任意売却をして債務を清算した後、売却した本人が再起して物件を買い戻せる可能性があるかどうかに掛かってきます。

 

投資家にとっては、買い戻してもらわなければ利益にはなりません。

 

債務を整理した後に、どのように再起するかを計画して、投資家に納得してもらうことが条件となります。

リースバックという仕組

 

任意売却の後も、住宅に住み続ける方法として、「リースバック」が一般的です。

 

このリースバックというのは、「将来的に不動産を買い戻すが、一時的に売却します」という売買形式になります。
基本的には2年程度で買取が出来ることが条件となっていることも多く、
その間の年間の賃料は不動産評価額の10%〜15%となることが多いようです。
そして期間が満了となると、優先的に買い取ることが出来ます。

 

任意売却によって、一時的にリース会社に売却し、そこからリースして最終的には買い取るので、
この方法を「リースバック」と呼ばれています。

 

但し、一般的には、買い戻す際に売却金額の120%〜130%での買戻しとなりますので、
住宅ローンを支払えずに任意売却をされた方はそのまま買い戻さずに、
期間が満了時には引っ越し先を探すということを選択される方が多いです。

 

期間満了時に買戻しが出来なかった場合には第三者に売却されることが多いです。
また、通常の任意売却よりもやや低い価格で買い取られることが多いのも特徴ですので、
残債務と売却額を見比べて、よく考えてからリースバックをするようにしてください。

 

競売開始の通知などは急に来ますので、準備期間が無く、用意も何も出来ていないために、
「準備期間」としてリースバックを選択される方も多いです。

 

信頼できる任意売却業者のリサーチ結果


リースバック│自宅を売って家賃を払って住み続ける方法について解説しているページです

サービサー(債権回収会社)
業者として働くには