サービサー(債権回収会社)とは?【自宅を守るための方法】

サービサー(債権回収会社)とは?【自宅を守るための方法】

MENU

サービサー(債権回収会社)とは?

サービサー(債権回収会社)というのは、文字通り、「債権を回収する会社」のことです。

 

金融機関や会社が持っている「不良債権(回収の見込みが低い債権)」を買い取って、代わりに債権の回収を行う会社のことです。

 

主に金融機関の子会社になっていることが多いのですが、独自に債権回収会社を立ち上げているケースもあります。

 

サービサー法という、かなり厳しい成約を設けられており、消費者金融の取立てのようなことはしてきません。

 

しつこいけれど、節度のある督促をしてきます。

 

サービサーが出てくると、次には裁判所から競売開始決定通知が送られてくることになります。

 

そうなると、競売を避けて任意売却で売るにしても、時間が少ないので条件はどんどん悪化してしまいます。

 

できるだけ早いタイミングで、専門業者へ無料相談してみるべきです。

 

信できる任意売却業者のリサーチ結果


競売よりも確実に高く売ることができる任意売却

住宅ローンの支払いが滞ると、銀行にとっては不良債権となってしまいます。

 

しかし、銀行としては、回収する見込みが低い債権をいつまでも持っていても、マイナスになるだけなので、これらの債権をサービサーに移して債権の回収を行います。

 

住宅ローンを滞納して、支払えなくなってしまうと、一般的には住宅ローンを組む際に保証してもらっている保証会社が銀行に支払います。

 

このままでは、保証会社が赤字になってしまうので、保証会社が債務者に対して資金の回収を行うというのが一般的な流れとなります。

 

といっても、テレビや映画に出てくるような取立てがやってくるのではなく、法に則って着々と準備を進めるというだけです。

 

そして、そのまま待っていると、物件の競売開始通知が裁判所から届き、物件が競売に出されてしまいます。

 

競売よりも任意売却の方が高値で買い取られることは確実なので、住売却する場合には絶対に任意売却の手続きを進めたほうが良いと言えます。

サービサー(債権回収会社)とは?【自宅を守るための方法】について解説しているページです

リースバック
業者として働くには