任意売却に関連する聞き慣れない専門用語

任意売却に関連する聞き慣れない専門用語

MENU

あまり聞く事がないことばですが?

任意売却という言葉を普通の生活の中で聞いたことがあるという人は稀でしょう。、大半の人は何の事だかわからないと思います。

 

一番シンプルに説明すると、競売の反対の用語として使われています。

 

任意売却というのは読んで字のごとく、任意で売却するということですから、売主自信が売ることを決断して売却するということです。

 

任意ではなく強制的に売却させられてしまうのが競売です。

 

ですから、競売意外で家を売る場合は本当はみんな任意売却なんですよね。

 

しかし一般的な意味合いとして使われているのは、住宅ローンが残っている状態で、持ち主が自分の意思で売却することを指します。


任意売却をする理由

任意売却をする理由も様々です。

 

一概に支払いがつらくてという理由だけではありません。

 

  • 住宅ローンの支払いがつらくて売却するケース

  • 転勤などの事情で売却するケース

  • 投資用マンションの採算性が悪いので売却するケース

  • 離婚に伴って財産を清算するために売却するケース

任意売却を検討する場合は早めに無料相談窓口を活用しましょう

住宅のようにかなり高額な買い物をする場合はローンを組んで購入する事が多くあります。

 

大切な自宅を守るために、住宅ローンの返済は、他の高金利の借金をしてでも払おうとします。

 

最後の最後まで住宅ローンの返済をするのが日本人の特徴だとも言われています。

 

クレジットカードや消費者金融から借りたお金で住宅ローンの返済は絶対にしないことです。

 

仮にそのような状態でローンを返済しているのであれば、早めに対策する必要があります。

 

早めに専門家に相談することによって、自己破産を免れて、自宅に住み続けながら住宅ローンを返済し続けることができる可能性も十分にあります。

 

黙ってつらい思いをしながら、自分ひとりですべてを抱え込んでしまうのが一番悪い対処法です。

 

無料で相談に乗ってくれる専門機関もありますので、今すぐに相談してみてください。

 

無料で相談できる任意売却の専門機関

任意売却に関連する聞き慣れない専門用語記事一覧