競売よりも高値で売却できる任意売却

競売よりも高値で売却できる任意売却

MENU

競売よりも高値で売却できる任意売却

基本的に、住宅を売却する際には、競売よりも任意売却の方が高値で売却できるというのが一般的です。
そのため、住宅ローンが払えなくなって競売に掛けられるのをじっと待っているよりも、
手数料を支払って任意売却専門の業者に相談する方が住宅ローンを完済できる可能性も高いですし、
引越し資金や準備資金なども残しやすいというメリットがあります。

 

ただし、「競売に掛けられる」というタイムリミットがあるために、それまでに売却できるかどうかということが大切です。
人間誰しも、切羽詰っている状況では合理的に物事を考えることが出来ずに、
目の前にある問題から対処しようとしてしまいます。

 

それに、競売されると認識できるのは、「競売開始決定通知」が家に届いたときに初めて認識できるものです。
しかし、「住宅ローンを3ヶ月間滞納すれば競売開始の手続きが取られる」ということを知っていれば、
住宅ローンの支払いが滞りがちになったときに前もって準備することも可能です。

 

任意売却で物件が売れるのには、通常3ヶ月程度が必要となります。
そのため、競売開始決定通知が届いてからでは間に合わないという方も多いので、
結果的に専門の業者に相談して仲介に入ってもらい、競売の開始を遅らせるという手段を取る方が多いです。

 

信できる任意売却業者のリサーチ結果