近所に気付かれにくい任意売却

近所に気付かれにくい任意売却

MENU

近所に気付かれにくい任意売却

任意売却は競売と違って近所には気づかれにくいという特徴があります。
そのため、「自分から回りに公表する」ということが無ければ、周りに知られることもありません。

 

競売の場合だと、落札しようとしている業者があなたの物件を見に来るということが多くなりますので、
どうしても、近所の住民に知られてしまうというデメリットがあります。
また、近所の利便性を調べたり、写真を撮ったり、家の中に入ってきたりと、
周りの住民から見ても「何かある」という状況になりやすいです。

 

任意売却では、買い主候補が「あなたの家を見たい」ということになっても、
あなたが同行することが基本となっているので、周りから見ても怪しいという状況にはならないことが多いです。

 

近所に気づかれるのは、「引越しをする」というのが気付かれるタイミングとなります。
そのため、近所には任意売却したということが分からないでしょう。
後から来た買い主が近所の住民に公表しない限りは気付かれるという可能性が無いのが任意売却の特徴となります。

 

任意売却をしていて、近所に気付かれる状況というのは、
買い主候補の方を複数人連れて、家の中を見学したり、大勢で周りの環境を写真に収めたりしてしまうと、
近所の方に任意売却をしていると気付かれる可能性があります。
また、噂が広まりやすい地域の場合は、1人に知られると、全員が知っていることもありますので、
「信頼できるから」と、近所の方に伝えると、そこから広まっていく可能性があるので注意してください。

 

信できる任意売却業者のリサーチ結果