任意売却後のローンの返済はどうなる?【残債縮小の交渉術】

任意売却後のローンの返済はどうなる?【残債縮小の交渉術】

売却後のローンの返済はどうなる?

ninbai

任意売却をして、その売却額がローンの総返済額よりも上回っている場合にはその売却した金額を返済に充てれば問題ありませんが、売却額が返済額を下回っていた場合には、ローンの返済が継続します。

 

夫名義で住宅ローンを契約している場合には、夫に支払いの責任がありますが、夫と妻の両方で住宅ローンの契約をしていたり、夫名義だが妻も保証人や連帯債務者になっていた場合には、妻にも支払いの責任があるということになります。

 

当然ですが、住宅ローンが払えなくなったので、任意売却をするのです。
任意売却で売却した後も残った住宅ローンを返済していかなければなりません。


ローン返済方法の変更について話し合いをします

そういう場合には公庫や銀行などに仲介してもらい、月々の支払額を減額してもらうという方法もあります。
月々のローン返済が大変だから任意売却をしたのですから、家賃を払いながら返済できるといってもかなり少ない金額となります。
これは銀行や債権回収会社も理解していることなので、十分に交渉することが可能です。

 

なかには残債400万円を150万円で終わりにしてもらったというケースもあるのです。

 

こういう交渉には、本人で挑むのではなく経験豊富な専門家に入ってもらうことで、非常に有利な条件を引き出すことが出来ます。
本人が積極的に交渉するというのは、非常にやりづらい立場です。
第三者に入ってもらって、話を有利な展開に導いてもらうのが、交渉を上手に進めるコツなんです。

 

非常にデリケートな交渉ですので、専門家である任意売却の業者にアドバイスやサポートをしてもらいながら計画を立てる必要があります。

 

まずは、信頼できる任意売却業者を探して相談してみてください。

残債を月々返済するか自己破産するかを迷ったときは

残債を自己破産によって整理するケースもありますが、どちらにしたら良いのか判断をするのが難しいと思います。
そういう状態で弁護士さんのところへ相談に行くと間違いなく小規模民事再生や自己破産を勧められてしまいます。

 

弁護士さんは法的な申請や裁判をしなければお金になりません。
ですから、任意売却をした後の対策については、任意売却の業者にまず相談してみてください。
話し合いでの解決が不可能となってから弁護士さんを探しても良いはずです。

 

信頼できる任意売却業者のリサーチ結果


ホーム RSS購読 サイトマップ