離婚後の住宅ローン返済はどうなる?【清算しないと危険】

離婚後の住宅ローン返済はどうなる?【清算しないと危険】

MENU

離婚後の住宅ローン返済はどうなる?

離婚する際に住宅ローンが残っている住宅がある場合は、その財産分与でトラブルになることが多いです。

 

通常、不動産の売却額よりも住宅ローンの残高の方が大きいため、売却したくてもなかなか踏み切ることができません。

 

夫婦どちらかの親族が連帯保証人になっている場合などは、なおさら売却が困難になります。

 

銀行には離婚したことを伝えずに、離婚後も共有名義のまま奥さんや子供が住み続け、ご主人が養育費として住宅ローンを払い続けるケースが良く見受けられます。


住宅ローンを残したままの最悪のケース

このようにご主人が住宅ローンの支払いを続けることで離婚の合意をしたとしてもこのご時勢です。

 

ご主人の仕事がうまく行かなくなり、住宅ローンの支払いが滞ってしまうことがあります。

 

すると奥さんと子供が住んでいる自宅に、いきなり「督促状」や「代位弁済通知書」なるものが銀行から送られてきて、家族は大騒ぎとなります。

 

怒り狂った奥さんがご主人に連絡をしても、無いものは払うことができません。

 

そうこうしているうちに裁判所から「競売開始決定通知」というものが届いて競売に掛けられてしまいます。

 

そして最終的には、競売に掛かっていることをご近所に知られて、逃げるようにして見知らぬ土地へ移り住むことになります。

 

実際にこのようなご相談は多いです。

自宅を清算する際に相談する専門機関

こうならないためにも、離婚する際には自宅もしっかり清算することをお勧めします。

 

しっかりと清算した上で、リースバックという方法を使って、そのまま自宅に住み続ける方法もあります。

 

離婚をする際に住宅ローンが残っている自宅がある場合は、離婚手続きを進めると同時に任意売却の専門機関にも相談してください。

 

任意売却相談さぽーと

全国対応

050-7301-9123

 

メール相談


相談窓口から電話することで、どうやって手元にお金を残せるかを親身になって一緒に考えてくれます。
今すぐ相談してみてください。