親が住宅ローンを返済できない場合は早めに専門家へ相談

親が住宅ローンを返済できない場合は早めに専門家へ相談

MENU

親が住宅ローンを返済できない

親が住宅ローンを組んで住宅を購入しているとして、何らかの事情で親が住宅ローンを返済できなくなるというのは実際にある話です。

 

やはり良くある原因としては、病気によって仕事をすることができなくなる場合か、何らかの理由で収入が減った場合がほとんどです。

 

親がそのように苦しい状態にあるのを知って、実家が無くなってしまうような事態を子供は知らないふりはできません。

 

自分の生まれ育った実家が競売に掛けられて、両親が路頭に迷うのを見るのは、誰もが避けたい状況です。


親の救済策は?

まず親がそのような状況に陥ってしまった場合に考えられえる救済策は、

 

親族間でのリースバックにより自宅を残す

 

子供や親戚などの身内が自宅を購入して、それを改めて親に貸すという方法です。
この親族間での売買には銀行は積極的に銀行ローンを使わせてくれません。
任意売却の専門業者によっては、この組み換えをうまく銀行に提案してくれるところがあります。

 

任意売却相談さぽーと

全国対応

050-7301-9123

 

メール相談


相談窓口から電話することで、どうやって手元にお金を残せるかを親身になって一緒に考えてくれます。
今すぐ相談してみてください。

 

個人再生法を上手に使って自宅を残す

 

住宅ローン以外の債務がある場合には、個人再生使うことにより、住宅ローン以外の債務を清算することができます。
住宅ローン以外を自己破産で整理するというイメージです。
自宅を残すことができるので、多重債務を清算するには一番良い方法です。

 

任意売却により清算して、子供の家で引き取る

 

任意売却により自宅を売却処分することになります。
住宅ローンがどのくらい残るかにもよりますが、自己破産や任意整理をする必要があります。

まずは専門家に相談しましょう

住宅ローンが残っている任意売却の場合は、あまりのんびりと売却している時間がありません。

 

希望の金額で売れるまで待ってみることがなかなか難しいので、一般の売却額の査定よりも若干低めに設定しなければなりません。

 

この売却額の算定には、経験豊富な専門業者でなければ、実際の売却額に近い金額を出すことはできません。

 

あまり任意売却を扱ったことの無い不動産屋に査定を依頼して、高い金額にぬか喜びしないためにも、査定は専門の機関に依頼することをお勧めします。

 

信頼できる任意売却業者のリサーチ結果