任意売却が可能なのはいつまで?│絶対に競売は避けるべき

任意売却が可能なのはいつまで?│絶対に競売は避けるべき

MENU

任意売却が可能なのはいつまで?

自分自身の意思で売却できるリミットは「競売が開始されるまで」となっています。

 

正確には、「競売が開始される前日まで」というのが期限になっていますので、それまでに売却を完了しなければなりません。

 

競売に掛けられるのは住宅ローンの滞納が3ヶ月以上されてからですので、住宅ローンを滞納しない限りは競売に掛けられるということがありませんので、いつまでも任意売却をすることが可能となっています。

 

しかし、任意売却をする際には、買い取ってもらう方に家を見てもらう必要がありますので、ずっと売却予定の家に住みながら任意売却を行うというのは非常に困難です。

 

一般的には、一時的にマンションやアパートなどに住んで買い手が決まるのをひたすらに待ちます。

 

※済みながら売却できるケースもあります。


競売と任意売却の気持ちの違い

一般的には任意売却をする際には不動産業者か専門業者に委託して、売主は売却が決まるまで特に何もすることはありません。

 

しかし、自宅を購入してくれる買い手を見つけるのに掛かる期間は一般的には3ヶ月〜半年と言われていますので、成立するまでの期間は住宅ローンを払わないと、競売に掛けられてしまう可能性があります。

 

任意売却は時間と手間が掛かりますが、競売に比べると高値で売却されますので、債務を整理した後の再スタートを良い形で切るためには絶対に必要な方法となります。

 

裁判所から強制的に家を取られて、競売で安く買い叩かれるよりも、自分の意思で債権者である銀行と話し合いながら売却を進める方が、自分で決着をつけたという達成感が残ります。

 

この達成感は再スタートを切る上で非常に重要です。

 

信頼できる任意売却業者のリサーチ結果