銀行から一括返済の通知が来たらどうする?【期限の利益喪失】

銀行から一括返済の通知が来たらどうする?【期限の利益喪失】

MENU

銀行から一括返済の通知が来たらどうする?

住宅ローンを組む際には、基本的に銀行から貸付を受けるというのが一般的です。

 

しかし、住宅ローンの支払いが滞って3ヶ月が過ぎると、銀行から”期限の利益を喪失した”ので住宅ローンを一括返済してくれという通知が来ます。

 

普通に考えて、一括で支払えるのなら滞納していないし、ローンも組んでいないので、一括で返済できるわけがありません。

 

銀行側としても、「一括で支払ってもらえる」と思ってもいないので、これは、強制的に法律に則って請求するという手続きだと考えてください。


一括返済通知後の流れ

この一括返済の通知で返済できない場合には、債権回収会社に未払いの債権を移して、そちらから回収するという流れになります。

 

そこで初めて、あなたの住宅が競売に掛けられるかどうかということになります。

 

無理なのは承知で一括返済してくださいと通知をして、払えないから裁判所に申し出て競売で売ってしまうというやり方です。

 

住宅ローンを銀行で組んでいるときには基本的に数年〜数十年単位の分割での支払いとなりますが、債権回収会社の場合は基本的には一括での支払いとなります。

 

そのため、大手都市銀行などでは物件の競売を急ぐ傾向にありますので、早ければ通知が来てから1〜2ヵ月後には裁判所から、競売開始決定通知が届くこともあります。

 

そのため、銀行からの一括返済通知に関しては、便宜上の手続きだと考えてください。

 

一括返済の通知が届いた場合は、できるだけ早めに任意売却の専門業者へ相談することをお勧めします。

 

そうだんするタイミングによって、今後の人生の選択肢が広くも狭くもなります。

 

信できる任意売却業者のリサーチ結果