任意売却のデメリット│今後ローンを組むことができなくなる?

任意売却のデメリット│今後ローンを組むことができなくなる?

MENU

競売ではなく任意売却にするデメリット

今現在、何かしらの理由で住宅ローンの支払いができない場合、そして今後も支払う見通しが立っていない場合は、何も対応をしないで自宅を競売にかけられるよりも、任意売却を選ぶデメリットは無いと考えます。

 

競売に掛けられる場合は、全ての督促に対して無視し続けますので、全く周りの目を気にしないのであれば、”何もしなくて良い”というメリットがあります。
競売に掛けられるまでの6ヶ月間くらいは目をつむっていれば良いのです。

 

しかし、任意売却の場合は、業者との話し合いなど、周りとの調整をする必要が出てきます。
これはデメリットといえるのかどうかは考えが分かれるところです。
確かに、これを理由に競売を選ぶ人もいることは事実です。

任意売却にも必ず存在しているデメリットとはなんでしょうか

どんな良い商品であっても、どんな素晴らしいシステムであっても、必ず一長一短が存在しています。

 

不動産競売よりは遥かに利点が多い任意売却であっても、デメリットが存在しているのは仕方がない事です。

 

重要な事はデメリットが何であるかをしっかりと理解しておく事でしょう。

 

そこで任意売却のデメリットについて紹介します。

 

それは任意売却を行う人の大半が、督促状が来てから相談する場合が多いという事で、督促状が来ているという事は、すでにローンを滞納しているという事です。

 

ローンを滞納するとブラックリストに載ってしまうというデメリットがあるのですが、任意売却を行った時点でブラックリストに載る訳ではありません。

 

ローンを滞納した時点でブラックリストに載る為、不動産競売の場合は必ずブラックリストに載ってしまいますが、任意売却の場合は早めに手を打っておく事で防ぐ事が可能です。

 

また、ローンを組む時に連帯保証人を付けてほしいと言われる事もあると思いますが、もし連帯保証人がいる場合には、任意売却の際に連帯保証人の許可が必要になります。

 

通常連帯保証人から任意売却をするなと言われる事はまず無いので、連絡を取るなどの手間が掛かってしまうだけです。

 

後は購入希望者を探すのが大変になる事や、家の中などを見せるといった対応も必要になってくるのですが、ある程度は自分で対応しなくてはいけないという事も任意売却のデメリットでしょう。

 

しかし、任意売却には多少のデメリットはあっても、大きなデメリットが少ない事が魅力です。

 

信頼できる任意売却業者のリサーチ結果