代位弁済通知が来てサービサーが債権者になったら?

代位弁済通知が来て債権回収会社サービサーが債権者になったら?

MENU

代位弁済通知が来てサービサーが債権者になったら?

 

代位弁済通知というのは、あなたが住宅ローンを支払えなかったので、「保証会社があなたの代わりに銀行に住宅ローンの支払いをしました。」という通知です。

 

保証会社は、代位弁済をした際に、銀行から債権の譲渡を受けます。

 

ですから、代位弁済通知がきた後は銀行に支払いをするのではなく、保証会社に返済をしていくことになります。

 

しかし、保証会社も債権を持っているだけでは回収できないので、この債権を債権回収業者(サービサー)に譲渡します。

 

そのため、あなたのところにやってくる債権回収業者が「サービサー」となるのです。

 

サービサーの特徴に関しては、後述のサービサー(債権回収会社)とは?にて詳しく紹介します。


通知が届いた後の対策

基本的には、住宅ローンの残債よりも、サービサーが債権者になると支払わなければならない金額が増えます。

 

手数料や諸経費が上乗せされているので、その分が増えると考えてください。

 

これらはあくまでも「手続き」なので、基本的には、2〜3ヶ月も経てば、あなたの住居が裁判所の命令により競売に掛けられることになります。

 

競売となってしまうと、ローンの残債はほとんど残ってしまう可能性が大きくなり、競売後に自己破産をせざるを得ない状況に追い込まれてしまいます。

 

そうならないためにも、代位弁済通知書が届いてしまったら、すぐに信頼できる任意売却の業者を探さなければなりません。

 

早い段階で相談をすれば、家に住み続ける方法や、売却時に現金を手元に残す方法もあります。

 

信できる任意売却業者のリサーチ結果