住宅ローンを滞納して裁判所から執行官が来るまでの期間は?

住宅ローンを滞納して裁判所から執行官が来るまでの期間は?

MENU

住宅ローンが滞納してからの流れ

住宅ローンの滞納が3ヶ月を超えると競売のための手続きが始まります。
そのための手続きとしては、まず、住宅ローンの滞納が3ヶ月を超えたときに、
「保証会社による代位弁済」という通達があります。

 

まずは保証会社が銀行に代理で返済し、銀行にあった債権が保証会社に渡されます。
その債権を保証会社が債権回収会社に債権を譲渡し、債権回収会社が裁判所に競売の申し立てをすることになります。

 

そして、裁判所で競売の申請が受理されると、初めてあなたのところに、不動産競売の開始が決定されたという通知が来ます。
その後2〜3週間ぐらいで執行官と評価人があなたの自宅を訪れて評価額の算定や地域の治安や利便性などの調査を行います。
執行官と評価人は、その不動産の評価額や売却基準額を決めるなどの役割を担っていますので、
彼らの評価が競売の開始価格となることが多いです。

住宅ローンを滞納して執行官が来るまでの期間は?

そのため、住宅ローンを滞納してから執行官が来るまでの期間としては、3ヶ月分の住宅ローンを滞納してから2〜3週間後ということになります。

 

あなたのところに競売の通知が来た時点では裁判所や公的な役所に手続きが受理されているので、覆るということはありません。

 

また、債権回収会社が競売に掛けているので、返済額を払って債権が消失すれば競売に掛けられるということもありません。

 

まだこの状態であれば任意売却に移行して、競売を取り下げてもらえる可能性は残っています。
競売で叩き売られて、大量の残債を残すのであれば、任意売却にしてできるだけ高く売ってしまい、自分の手元に現金を残せる道を選ぶ方が得策です。

 

競売直前の場合は、売却する力と経験を兼ね備えた業者を選ばなければなりません。
段取り良くスピーディーに交渉や売却を進めなければ間に合いませんから、業者を選ぶことが肝心です。

 

信頼できる任意売却業者のリサーチ結果


住宅ローンを滞納して裁判所から執行官が来るまでの期間は?について解説しているページです

競売までの流れ
競売のメリット
競売のデメリット