競売になるまでの流れ│任意売却が可能なのはいつまで?

競売になるまでの流れ│任意売却が可能なのはいつまで?

MENU

競売を中止できるタイミングは?

住宅ローンの支払いが滞ってしまうというのは、なかなか冷静には考えられない状態です。

 

払うことができなくなるぎりぎりまで、カードローンや消費者金融からの借入でまかない続けながら、支払いを続けてしまう方が非常に多いようです。

 

そのような状態ですから、早めに任意売却を検討してくださいといっても無理なことだと思います。

 

支払いが滞り疲れ果てた状態で代位弁済通知書が届いたり、裁判所からの競売開始決定通知が届いてから、時間がないことを知り、追い込まれるように売却を検討される方がほとんどです。

 

ですから、下記の流れをご覧いただいて、現状が任意売却ができるタイミングであれば、今すぐ専門業者の無料相談窓口を利用してください。

 

早く相談することにより、選べる選択肢が広がります。

任意売却をする際の流れ

債権者からの督促 ※滞納から1〜3ヶ月

住宅ローンの返済が滞るとすぐにはがきや書面が送られてきます。
内容としては早く支払ってくださいというようなものです。
債権者によっては自宅へ電話が掛かってくる場合もあります。

 

ローン一括返済の通達(代位弁済通知書) ※3〜6ヶ月

債権者が期限の利益を損失したということで、ローンの残債を一括で支払ってくださいという請求に変わります。
住宅ローンを組む際に保証協会に加入している場合は、債権者である銀行が連帯保証している保証協会へ一括で残債を支払うよう命じます。
これにより、債権は保証協会または保証協会より委託された債権回収会社に移ることになります。
一括返済の通達後は、ローンのリスケジュールについてのお願いはできなくなります。

 

裁判所から競売開始決定通知の通達 ※5〜8ヶ月

債権者が裁判所へ競売の申請を行い、裁判所が許可した時点で債務者へも通知が送られます。
裁判所から自宅を差し押さえられたという状態です。
この時点で競売にかかる物件ということで、情報が開示されてしまうため、競売の不動産屋や事件屋などの怪しい人たちが、家の周りをうろつくことになります。

 

不動産鑑定士と執行官が現状調査 ※6〜9ヶ月

事前に電話または書面で連絡が入ります。
不動産鑑定士を連れた執行官が自宅に来て、競売物件の状態を調査するために、自宅内部まで入り確認していきます。
この時点で、ご近所には知られてしまう可能性があります。

 

裁判所からの入札通知が届く ※8〜11ヶ月

裁判所から何日から何日まで入札を行いますという、競売のスケジュールが届きます。

 

期間入札開始

競売の入札が開始されます。
この時点から任意売却へ移行することは不可能となります。

 

開札日

入札された金額を比較して、落札者が決まります。

 

裁判所より売却許可

裁判所から落札者に対して売却の許可が降ります。

 

引渡し

落札者から連絡があり、退去についての話し合いを行います。
以前は、この退去に伴い引越代を落札者が負担してくれるなどのケースが良くありましたが、今では立退きを拒否したらすぐに強制執行をかけられてしまいます。

そのまま競売で売ってしまうのはもったいない!

上記の流れの5前後であれば、任意売却に移行することをお勧めします。

 

自分の手元に多少の現金を残して、良い再スタートを切れるはずです。

 

まずは、無料相談窓口を利用して、現状を隠さずに話してみましょう。

 

きっと良い解決策を示してくれるはずです。

 

信頼できる任意売却業者のリサーチ結果

競売になるまでの流れ│任意売却が可能なのはいつまで?について解説しているページです

執行官が来るまでの期間
競売のメリット
競売のデメリット