競売のメリット│引越代金を取れるなんて今どきウソです!

競売のメリット│引越代金を取れるなんて今どきウソです!

MENU

競売のメリット

住宅ローンが払えずに競売に掛けられた際のメリットというのは、ほとんど存在しませんが、唯一1つだけメリットというものがあります。

 

それは、「落札者がいなければ無料で住むことができる」というものです。

 

しかし、競売というのは市場価格の4割〜5割引きの状態からスタートすることが多いので、不動産業者にしても入札しないということが稀です。

 

「最低価格で落札される」ということはあっても、「入札されない」というのがほとんどありませんので、期待するだけムダというものです。

 

メリットとはいえませんが競売を選ぶ方のほとんどの理由は、何もしなくて良いということです。

 

黙ってじっとしていれば強制執行で追い出されるまで手間がかかりません。

 

一切の交渉に応じる必要もなく、警察と落札者が強制執行で踏み込んでくるまでは安泰です。

 

しかし、落札後はお金もなく、ローンの残債も大量に残ったままですから大変です。

 

引越先を探すのさえ困難です。

 

競売で自宅を売るよりも、任意売却として自身の意思で売却した方が絶対にメリットはあります。

 

できるだけ早く、任意売却専門の業者へ相談してみてください。

 

絶対に良い解決策が見つかるはずです。

 

信できる任意売却業者のリサーチ結果


競売にはデメリットしかありません

「自分が競売されている物件を割安で購入する」ということに関してはメリットも多いですが、「自分の物件が競売に掛けられる」というのは、基本的にデメリットしかありません。

 

住宅ローンの支払いが出来ないと感じた瞬間に「競売にならないようにする動き」をしなければなりません。

 

競売にならないためには、任意売却を行うのが一般的です。

 

任意売却をすれば、競売に掛けられるよりも多くの資金を残すことができますし、その資金で住宅ローン分を完済することが出来れば引越し資金にも余裕が出来ます。

 

基本的に任意売却を上手に行えば、手元に引越代程度の現金を残すことは十分に可能です。

 

その資金で上手に再スタートを切ることができます。

 

競売に掛けられるまでには、いくつかのステップがありますので、最初のステップが来た時点で「住宅ローンを払うには」という考えは捨てて、「競売を回避するには」という考えを持って行動してください。

競売のメリット│引越代金を取れるなんて今どきウソです!について解説しているページです

競売までの流れ
執行官が来るまでの期間
競売のデメリット