競売のデメリット│逃げずに任意売却して再スタートを切る

競売のデメリット│逃げずに任意売却して再スタートを切る

MENU

再スタートを切るのに一番のデメリット

競売で自宅を売却することによる一番のデメリットは、すべて投げやりな状態で、強制的に家を取られたという事実です。

 

住宅ローンの返済ができない状態であるにしろ、自分自身で問題を解決するために任意売却を選ぶ人と、すべての問題に目をつむり、強制的に家を取り上げられて追い出される人では、再スタートの切り方が大きく違います。

 

ローンの返済ができないということは、人生の中でも非常につらい状態です。

 

こういう状態だからこそ、自ら進んで問題を解決する姿勢が、再スタートを切る際には重要なんです。

 

返せないものは返せない。

 

競売に逃げずに、任意売却で処分することで、手元に現金を残すことができます。

 

今すぐ専門家へ相談してみてください。

 

信できる任意売却業者のリサーチ結果

競売のデメリット

 

競売のデメリットとして、第一に挙げられるのが「落札金額の低さ」です。

 

一般的に、市場価格の2割〜4割ダウンが相場となっているので、債務が残っている場合には、これらに引き当てても無くならないことが多いです。

 

住宅を購入するためのローンで住宅を手放してもローンが残ってしまうというのが一般的です。

 

住宅ローンの債務が残ってしまって自己破産をするというケースも少なくはありません。

 

近年では少なくなってきましたが、住宅ローンを組む際に連帯保証人がいないと組めないということも少なくありませんので、当人が住宅を競売に掛けられ自己破産をしても、連帯保証人に取り立てがいくということもあります。

 

競売の落札金額で全てのローンが完済できればいいですが、完済できなかった場合にはその後も支払い続けていかないといけないという負の連鎖が始まることになります。


競売は意外と手間がかかる?

また、任意売却と違い、競売の場合は沢山の関係業者が家の周りを見に来たり、訪問を受けたりと、近所の煩わしさも一段と多くなります。

 

中には、近所中に不動産のチラシを撒いて歩く業者もいるので注意が必要です。

 

その他にも、闇金や事件屋といったトラブルを好む怪しい業者からの電話や訪問が増えます。

 

このように以外と手間がかかり、煩わしい思いをしなければなりません。

 

当然ながら、落札代金でローンに補填したとして、プラスになっていたとしても、余剰金を返してくれるということも少なく、支払いに対してのトラブルが尽きないというのも悩みの種です。

 

これらのデメリットが競売に関するデメリットとなります。

 

そのため、住宅ローンが支払えないときには一刻も早く任意売却の手続きを進めるようにしてください。

競売のデメリット│逃げずに任意売却して再スタートを切るについて解説しているページです

競売までの流れ
執行官が来るまでの期間
競売のメリット