競売での処分をストップして任意売却を進める方法

競売での処分をストップして任意売却を進める方法

MENU

競売によって強制的に処分させられてしまった場合は、残債が大きく膨らんだまま残ってしまいます。

 

市場価格の6割程度で買い叩かれてしまい、裁判費用なども差し引かれます。

 

債権者との関係も破滅しているので、自己破産をせずに再起を計る方法は取りづらい状態です。

 

早めに対処していれば自己破産などせずに、再スタートを切ることができたのに・・・
「どうせ自己破産するのだから一緒」とあきらめて、競売という一番条件の悪い方法を選んでしまう人が沢山います。

 

あきらめないで専門的な知識のある機関に相談してみましょう。

 

信頼できる任意売却業者のリサーチ結果

競売後の住宅ローンの返済はどうなる?

競売後の住宅ローンの返済については、競売で落札された金額が住宅ローンの残債務額以上の場合なら、
その返済に充てられるので問題ありませんが、近年では不動産の評価額もかなり下落しているために、
競売の落札額が住宅ローンの返済額を下回るということも多いです。

 

そのため、競売後にも債務額が残ってしまった場合には、返済する必要があります。
住宅ローンというのは、住宅を担保に取った上で資金を貸し出すという「担保債権」になっています。
しかし、競売後は担保も無くなってしまうので、「無担保債権」というものになるので、
「払えないものは払えない」と言い切ることが必要だという方もいます。

 

しかし、全員が全員払わなくてもいいのなら、「相談に来る」ということ事態が無いはずです。
その理由としては、全員が逃げられるということではないというのが一番の理由です。
競売後に債務が残っているために自己破産の手続きをしたのはいいけれど、
連帯保証人がいるという場合には、あなたが自己破産しても連帯保証人に全ての責任がいくというだけなので、
その方の給料を差し押さえるということにもなりかねません。

 

近年では住宅ローンを借りる際に保証人や連帯保証人をつけないと貸してくれないというところも多いので、
債務を整理する際には十分に気をつけるようにしてください。


競売での処分をストップして任意売却を進める方法記事一覧