住宅ローンが払えなくなる原因は病気・収入減【解決策】

住宅ローンが払えなくなる原因は病気・収入減【解決策】

MENU

住宅ローンが払えなくなる原因は病気・収入減

住宅ローンが払えなくなる理由として主な原因として挙げられるのが「病気」と「収入減」の2つです。

 

病気というのは文字通り、体調を崩して仕事をすることが出来なくなったために、そこから派生して結果的に収入が少なくなり、「住宅ローンを払えなくなる」ということです。

 

収入減というのは、近年まれに見る大不況のせいで大きな会社でも大幅なリストラをしていることが多いです。

 

そしてリストラの対象となっているのが、現在住宅ローンを支払っている40代〜50代方です。

 

急に職を失ってしまったために収入が減り、住宅ローンが払えない場合や会社の景気によって基本給やボーナスの削減により払えないという方も多くなっています。


自己都合の退職はしない!

福利厚生がしっかりとしている会社の場合は、病気になったとしても心配せずに住宅ローンを支払い続けることが可能ですし、リストラされて、早期退職してしまったとしてもその分の退職金が出るために、住宅ローンに充てて完済することが可能です。

 

しかし、リストラの仕方にしても、「自己都合」の場合は下手をすると退職金すら出ないという会社もあります。

 

これではリストラされてしまった時点で住宅ローンが払えません。

 

最終的に住宅が競売に掛けられるということになってしまうのです。

 

そのためには、病気になっても大丈夫なように福利厚生がしっかりとしている会社に転職するか、リストラされたときでも、しっかりと手当てがもらえるように「自己都合の退職はしない」ということが大切です。


病気や収入減で住宅ローンの支払いがつらい場合は

もしも住宅ローンの返済が滞ってしまったら、早めに専門家に相談することをお勧めします。

 

相談するのが遅れれば遅れるほど、選択肢は狭まってしまいます。

 

住宅ローンを滞ってしまったからと言って、すべてが終わったわけではありません。

 

そのまま住宅に住み続けることも可能な場合もありますし、売却することで残債を最小限にして再スタートを切ることもできます。

 

無料で相談に乗ってくれる専門機関もありますので、まずは相談してみてください。

 

信できる任意売却業者のリサーチ結果